NEW ARRIVAL "PINPOINT OXFORD PURE TWO PLY"

6/12/2017



梅雨に入ったというのにピーカン続きですね。

ジメジメ感が無く快適なので、個人的には、このくらいのゆるーい梅雨で終わって欲しいものです。

夏を前に気温が高い日も増えてきたので、当店ではリネンや半袖などの、夏向けシャツが好評です。

気温が高くても快適に着れるシャツ。なおかつだらしなくならないのは良いですね。

特にピュアリネンは肌触りが良く、熱を逃がしてくれるので、個人的オススメです。





梅雨の話題はここまでにして、当店に新しく加わったINDIVIDUALIZED SHIRTS 定番生地のご紹介です。


Pinpoint Oxford Pure Two Ply  White / 24,000YEN(EX-TAX)



Pinpoint Oxford Pure Two Ply  Light Gray / 24,000YEN(EX-TAX)



Pinpoint Oxford Pure Two Ply  Light Blue / 24,000YEN(EX-TAX)


・PINPOINT OXFORD TWO PLY (ピンポイントオックスフォードトゥープライ)

INDIVIの定番と言えば、まず真っ先に連想されるのは、

以前ご紹介したREGATTA OXFORD と CAMBRIDGE OXFORD 2種類です。

どちらも同じ位の生地の厚みで(厳密にはREGATTAの方が厚みがあります。)、

着こむことでオックスフォード生地ならではのシボ感と、柔らかくなっていくのが楽しめる生地です。

対して今回ご紹介のピンポイントオックスフォードは上の2種類のオックスフォードに比べて、

生地を織る際に使用される糸が、細い糸を使っています。




実際に触ると差がとてもわかるのですが、これによって、生地に仕上がった時に、

凹凸感が少なく、滑らかな仕上がりになります。

INDIVIでも何種類かピンポイントオックスフォードがあるのですが、

このオックスフォードはTWO PLYの糸を使っている所がミソで、

TWO PLY・・・
細い2本の糸をより合わせて、1本の糸に仕上げた糸。日本では双糸とも呼ばれています。
通常の1本で作られた単糸という糸に比べて、糸表面の凹凸が滑らかになり、均一な太さの糸に仕上がります。
(より合わせる糸が多いほど、さらに均一に仕上がる)
また、同番手の太さの糸に比べて、糸の強度も2.5倍~3倍になる。

何種類かあるピンポイントオックスフォードの中でも、光沢感があり、上品な仕上がりになっている所が特徴です。




ちなみに、日本と異なり、カスタムメイドの売上が全体の8割以上のアメリカでは、この生地が一番人気との事です。

光沢があり、ON・OFF問わず使いやすい生地ですので、

人気ナンバーワンと言うのも、うなずける気がします。




定番色のWhite・Blueに加えて、ソフトな色味の Light Gray も用意しております。

トランクショーオーダーで作りたいという方もお待ちしておりますので、

ぜひぜひ当店まで!


USONIAN GOODS STORE
矢澤










You Might Also Like

0 コメント