BASIL RACUK PAPER BAGS

7/13/2019

昨年は6月くらいから、暑い暑いなんて言っていましたが、

今年は7月に入っているのに、いつから暖かくなるんだろうと思うような、曇り空 or 雨 の日が続いています。

本来梅雨はこうあるべきなのだと思いますが、洗濯物も乾かないし、気分も上がりません。

そんなパッとしない天気でしたが、先日7月4日のアメリカ合衆国独立記念日と同時に、無事3周年を迎えることができました。ありがとうございます。

4年目を迎え、さらに面白い商品企画や、新しいブランドの取り扱い、そしてイベント企画など、色々と仕込んでいますので、こうご期待下さい。



さて、そんなアニバーサリーを迎えた際に、サラッとご紹介したアイテム。

その中から、新しく取り扱うブランド・アイテムのご紹介です。








BASIL RACUK (バジルラカック)
2007年に創業した、アメリカ・カリフォルニア州 サンフランシスコのレザーバッグ・レザーグッズを展開するブランドです。
ショップと工房は創業から現在もサンフランシスコにあり、製品はデザイナーBASILによって作られています。
また、レザーもアメリカの会社から購入した上質なレザーを使用し、シンプルでクラフト感を感じるアイテムが特徴です。


アメリカは、レザータンナーが多いことや、レザークラフトブランドが多く、様ざまなブランドが存在しますが、

クロムエクセルレザーやラティゴレザーなどを使用した、ラギッド(粗野) な雰囲気の製品が多いのが特徴。

その雰囲気だと、正直ハードすぎるなと思っていたのですが、この BASIL RACUK は、男性がデザインするブランドながら、繊細な雰囲気と使用するレザーが変わったものも多く、アメリカレザーブランドの中では、変わったタイプのブランドです。
このペーパーバッグは、素材を活かした一枚革のバッグで、シンプルなデザインが特徴です。




持ち手にはボディよりも固く、厚みのあるナチュラルタン二ングレザーを使用しています。

元々持ち手が細長いデザインだったのですが、女性的な雰囲気で、

男性が持つには華奢な印象だったので、デザイナーと協議しながら幅があり短いレザーに変更してもらい、

クラシックな雰囲気に変えてもらいました。つまりはスペシャルオーダー品、別注です。




中にはポケットが一つで、至極シンプル。

一見コンパクトな作りですが、A4サイズもピッタリ入る実用性も兼ね備えています。

既に店頭・WEB STOREの両方で展開しておりますので、気になりましたら是非お早めにどうぞ。

それでは

USONIAN GOODS STORE
Y













You Might Also Like

0 コメント

recent posts