NEW ARRIVAL "MILITARY OUTER"

10/29/2018





本日は直球勝負。ハードに使える冬のミリタリーアウターをご紹介です。


Extreme Cold Weather Parka / 30,000YEN(EX-TAX)


まずはこちら。"Extreme Cold Weather Parka (ECWCS) GEN III"

こちらは、インナーに"プリマロフト"を採用した DEAD STOCK (未使用)のミリタリーアウターです。

新型米陸軍 ECWCS・GENERATION 3 とは、7種類のトップスと5種類のボトムから構成された、様々な気候や環境に対応したシステムの事を指します。

こちらのジャケットはそんな GENERATION 3 の中でも 最終防寒のために作られた、Level 7 のアイテムです。


179cm 69kg  / M-Long 着用





インナーはプリマロフト仕様。プリマロフトは、ALBANY社が U.S.ARMY のために、スリーピングバッグの中綿として開発した、ダウンの約8倍の暖かさがあると言われているポリエステルを使用したハイテク素材です。

このプリマロフトは、ダウンウェアとは異なり、羽が飛び出たりせず、洗濯機で洗えて軽量で手入れがしやすくなっています。

また、シェルは軽量透湿通気性超撥水生地とも言われるEPICを使用しています。

その他には、フードは襟に収納可能で、肘・膝に補強が入るなど、ミリタリーアイテムならではのハイスペック仕様となっています。

サイズ感は最終防寒ということもあって、一番外側に着用することを考えて、ゆったりとしたシルエットとなっています。

カラーはコンクリートの様な緑がかったカラーで渋めの仕上がりです。アーバンな雰囲気が良いですね。


WILD THINGS TACTICAL SMOKING JACKET / 65,000YEN(EX-TAX)


続いてDEAD STOCK の WILD THINGS TACTICAL SMOKING JACKETです。

アメリカ軍・官給品を目的にアウトドアブランドWILD THINGSが開発・製造した、米軍特殊部隊向けのWILD THINGS TACTICAL の SMOKING JACKETです。

こちらは、最新の軍用衣料に合わせた素材を使用し、すべてアメリカ国内で生産されています。

シェル素材は、 WILD THINGS 製品開発チームが開発した、独自の4層防火システムを駆使した、難燃性のポリステル素材を使用しています。

ライニングは保温性はもちろんのこと、こちらも難燃性を兼ね備えたアラミド素材を使用しています。

難燃性機能については、軽い火の粉をかぶっても大丈夫とのことですが、

試したことはありませんので、自己責任でお願いします。


170cm 60kg  / L着用




先に紹介した、Extreme Cold Weather Parka と比べると、生地にハリがあり、シルエットもスッキリとしています。

また、カラーリングもミリタリー感万点のコヨーテカラーとなっています。

ミリタリーアウターいかがでしたでしょうか。

どちらも甲乙つけがたい名品です。年々減るグッドサイズ。気になる方はお早めにどうぞ。

USONIAN GOODS STORE
矢澤

You Might Also Like

0 コメント